おにき誠 衆議院議員 福岡2区 自民党

2019年4月のおにきどん

新元号も発表され、春の町は祝賀ムードでいっぱいです。新元号に込められた思いのごとく、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」世を作るべく、心して務めてまいります。

3月に告示となった統一地方選が4月7日に投票日を迎えます。福岡市においては県知事選、県議選、市議選が同日の投開票となります。国会も開催されている中ですが時間を作って帰福し、支援候補の応援に駆け付けたいと思います。

おにき誠新聞第4号が出来ました。こちらから閲覧可能です!(リンク先はPDFファイル、約8MBです)

おにき誠TVイメージ

YouTubeにおにき誠の動画チャンネルを開設しました。衆議院での質問動画を中心に公開して行きますので、ぜひチェックして下さい!

動画を見る

日々の活動

友だち追加


おにきまこと政治塾 第128講「皇位の安定継承について考える」

いよいよ5月には御代替わりです。4月には新元号が発表されたこともあり、国民の皇室に対する理解と関心も高まっています。こんな時だからこそ、皇室にとって重要な課題である皇位の安定継承について学びたいと思います。

皇室の男子が減少する中、いかにして公務の負担を軽減するのか? いかにして男系男子による皇位継承を持続可能なものにしていくのか? なぜ女性宮家というものは認められないのか? 基礎から解説します。

日 時 平成31年4月21日(日)18:00~19:30
場 所 市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)中央区荒戸3-3-39(092-731-2929)
会 費 一般2,000円 学生1,000円
(自民党学生部に所属する学生は毎回無料とします)
講義終了後には、会費3,000円程度で懇親会を予定しています

今月のことば

言葉にして表現するというのは、目標に近づく一つの方法

イチロー選手

日米通算4367安打を記録した大リーガー・イチロー選手の引退会見でのコメントです。

イチロー選手は50歳まで現役を続けることを公言してきました。それを叶えることはできませんでしたが、言葉に出してきたからこそここまで頑張ることができたとコメントしています。イチロー選手は出場機会を失ってからも自分を律し、再びグラウンドに立てるコンディションを整え続けました。それは心身ともに苦しい時間だったに違いありません。その時間を懸命にやりきったことこそが、どんな記録よりも自分にとって誇りであるということもコメントしています。やりきる意志を支えたのが「言葉にする」という行為だったと思います。

私の名前は「誠」です。言ったことを成すと書きます。いったん言葉にすれば、実現に向けて行動しなければなりません。言ったことを成してこそ誠とも言えるでしょうし、成そうとすることそのものが誠であるとも言えるでしょう。言ってみせる、やってみせる、名前に負けない自分でありたいと思います。