どんな人?

衆議院議員おにき誠のプロフィール


衆議院議員 おにき誠


昭和47年福岡市生まれ。30歳で福岡県議会議員に立候補し初当選、福岡県議を3期10年勤めたのち、平成24(2012)年12月の第46回衆議院議員総選挙において、福岡県第2選挙区(中央区・南区・城南区)から自民党公認候補として出馬、初当選を果たす。

おにき誠 履歴

昭和47年 10月、福岡市に生まれる
昭和60年 福岡市立 田島小学校(城南区)卒業
昭和63年 福岡市立 当仁中学校(中央区)卒業
平成3年 私立 ラ・サール学園高校(鹿児島)卒業
平成7年 国立 九州大学 法学部法律学科を卒業
平成7年 西日本銀行(現・西日本シティ銀行)入社
渡辺通支店に配属
平成14年 西日本銀行を退職。政治の道へ
平成15年 4月、福岡県議会議員選挙に初当選。
のち、県議会議員を3期10年務める
平成24年 12月、衆議院議員選挙に初当選
平成26年 12月、衆議院議員選挙に再選を果たす
平成27年 10月、環境大臣政務官を拝命

おにき誠はこんな人

性 格

優しく明るくおおらかで、人の意見をよく聞くことのできる素直さを持つ。正義感が強く、理不尽なことには決して屈さない意志の強さを持っている。

趣 味

高校時代からいままで続けているラグビー(いまだ現役プレイヤー)西日本銀行ラグビー部では福岡県代表として九州大会に出場。

酒 量

ビールをコップ1杯で真っ赤、2杯で酔っ払い、3杯で寝てしまう弱さ。平成十八年六月現在、断酒中。しかし人が集う場所は大好きで、人を笑わせたり、熱く語ったりする。

家 族

妻・悦子と福浜団地に住む。実家は中央区大濠にあり、父・母・弟が在住。

尊敬する人物

インド独立の父・マハトマ=ガンジー。どんな困難に対しても己の信念を貫いた。その基本理念は、非暴力・不服従。

おにき誠・五つの政治信条

政策の前に私達が政治家に求めるものは、「正しい政治姿勢」ではないでしょうか?「この人にこの街の未来を託してみよう!」そう思える政治家がいることは幸せなことです。逆に、未来を託したいと思える政治家がいないことはたいへん不幸なことです。

あなたの住む街はどうですか? 福岡2区にはおにき誠がいます!

利権政治の打破

誰かが儲かる政治でなく、広くみんなのためになる公正な政治を!

民意の反映

多くの方々の声に耳を傾け、みんなの思いを反映する政治を!

信念による決断

賛否が分かれる論点にも、信念に基づいた決断と行動を!

未来への責任

やりっ放しの無責任政治から脱却し、日本の将来に責任を持てる政治を!

不正との闘い

正直者が馬鹿を見るような社会ではいけない。曲がったことを許さない政治を!

なぜ政治をするの?

どうして政治をしようと思ったの?

政治をするんだ、という思いは小学生の頃からありました。「誰もが戦争は嫌なはずなのに、どうして世界が平和にならないんだろう?」と、当時11歳だった僕は子供なりに考えました。「政治をする人が正しくなければ、戦争はいつまでもなくならない。僕にはいったいどんなことが できるのだろう? そうだ! 僕が政治家になって、世界を平和にしよう!」単純ですがこれが僕が政治を志すことになった動機です。そしてその気持ちのまま大人になりました。 コイツなに言ってんだ! という人もたくさんいるでしょうが、夢は世界平和です。果てしなく遠い道のりですが究極の目標です。

なんで銀行に入ったの?

学生時代は政治の勉強のために選挙事務所に出入りしていました。卒業後は代議士秘書か松下政経塾へ行こうと考えていたところ、尊敬している政治の道の先輩から「一度社会に出るべきだ!自分で働いて、給料もらって、税金払って、家族を養って、普通の暮らしを実感しなければ、政治家になったって人の役にたてない」というアドバイスをいただきました。そのとおりだと感じた僕は地元で就職することに決めました。

せっかく入った銀行を、なぜやめようと決意したの?

政治にしか興味のなかった僕は、銀行に入って初めていきた経済というものに触れました。 不況にあえぐ中小企業者や、リストラに苦しむサラリーマン、まさに地域経済の現状を肌身に感じました。問題意識は膨らむ一方でした。社会に存在する数々の問題を根本から解決するには、やはり政治から変えるしかない! 政治が迷走している今だからこそ、志ある人がやるべきだ! 今やらずにいつやるんだ! 勇気を出せ! 決意は日を追うごとに強くなっていきました。

ゼロからの挑戦

決意はしたものの金もない、組織もない、今までの常識から言えば、やれるわけがない。会社を辞めるには反対もありました。相当な勇気が必要でした。それでも私をここまで歩かせてくれたのは『必ずやれる。君ならできる。君のような人が必要なんだ!』と、応援してくれた人たちの声でした。

信じる力!

「熱意こそ人を動かす」この言葉を胸にゼロからのスタートです。 僕の胸の奥の炎が、皆さんの心に大きく燃え広がるのを信じて。やれるわけがない、変えられるわけがない、なんて諦めないでください。 既存のものにとらわれず、まったく新しいやり方で、 新しい時代をつくっていきましょう! 大切なのは「信じる力」。一緒に変えましょう! 僕と!

衆議院において

  • 財務金融委員会 委員
  • 議院運営委員会 委員
  • 憲法審査会 委員
  • 政治倫理審査会 委員
  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 委員
  • 環境大臣政務官(平成27〜)
  • 財務金融委員会(平成26〜)
  • 消費者問題に関する特別委員会(平成26〜)
  • 総務委員会(平成27〜)
  • 内閣委員会(〜平成26)

自民党において

  • 財務金融部会 会長代理
  • 税制調査会 幹事
  • 国会対策委員会 オブザーバー(役員補佐)
  • 中小企業・小規模事業者政策調査会 会長補佐
  • スポーツ立国調査会 ポスト2019・2020を見据えた地域スポーツの在り方検討小委員会 幹事
  • 文化伝統調査会 幹事
  • 環境・温暖化対策調査会 水俣病に関する小委員会 事務局次長
  • 行政改革推進本部 幹事
  • 青年局 次長
  • 広報本部 報道局 次長
  • 情報・通信関係団体委員会 副委員長

議員連盟において

  • 自民党LPG対策議員連盟 事務局長
  • 日本会議国会議員懇談会 皇室プロジェクトチーム 事務局長
  • 国連ハビタット推進議員連盟 事務局長
  • ガスエンジン発電機の活用を推進する議員連盟 事務局長
  • 日本・パラオ友好議員連盟 事務局長
  • 旅館の未来研究会 会長
  • 警備業のさらなる発展を応援する議員連盟 福岡県支部長
  • 動物愛護議員連盟 事務局次長